男女

安全性を高めるマンション大規模修繕とエレベーターメンテナンス

安全に進める施工

集合住宅

リスクヘッジが必要

マンションを所有しているオーナーや管理会社にとって、マンション大規模修繕の懸念点は多いです。それは、大規模修繕という言葉にもあるように、施工内容が大規模になることから計画的かつ安全に進める必要性が高いからでしょう。実際、これが失敗すれば所有者や賃貸人に大きな迷惑が被るだけではなく資産価値が大幅に減少します。この事態を避けるには、安全なマンション大規模修繕の計画を立てることが一番であり、リスクヘッジにも繋がります。

概算で計算しておく

大規模な建築物であるマンションに対して施工を行なう際は、費用の問題も忘れてはいけません。基本的に分譲所有者が存在する場合、その所有区分だけでの費用負担があります。そのため、予めマンション大規模修繕にかかる費用の概算を出した上で負担をお願いしないといけないわけです。このあたりは管理組合などの議決でも必要有無を採択しないといけないため、下準備が必要です。

費用の上手なかけ方

費用が大幅にかかる改修工事は、できれば安く抑えたいというのが実情です。ただ、費用を抑えた分だけ施工の品質が悪いと意味がありません。このあたりは品質第一にした上で余計な経費分をカットする方向で考えるといいでしょう。例えば、低層マンションの場合は、作業に必要な足場の組立てによって費用が変わります。このあたりは施工技術が高く専門性に優れた業者を選ぶことにより、品質を落とさず節約できる方法が見つかります。事前に依頼する業者との打ち合わせを行ない、シミュレーションしておきましょう。

中間マージンを抑える

内観

テナントオーナーにも関わる現状回復工事は、レイアウト変更をすればそれだけ工事の費用負担が増えます。この経費節減を行なうには、中間マージンが発生しない業者を選定することが効果的です。

もっと読む

フロンガス発生の抑制

自然

業務用エアコンや冷凍庫に使用されているフロンガスの発生抑制を目的とした改正フロン法が施行されました。これにより、オフィスや店舗の管理者が法定点検を依頼することになり、安全な利用を考えないといけません。

もっと読む

安全性を確保する義務

後姿の作業者

大型の建物に設置されているエレベーターは、建築基準法の規定によって定期的なメンテナンスが必要とされます。部品の劣化や動作の不具合で大事故を起こす前に、こまめな点検で安全対策を実施しましょう。

もっと読む