男の人

安全性を高めるマンション大規模修繕とエレベーターメンテナンス

安全性を確保する義務

後姿の作業者

建築基準法の定めで決まっている建物のメンテナンスと言えば、エレベーターの点検。エレベーターは上下の階に移動をスムーズにしてくれる昇降機であり、ある程度の階数がある建物なら設置されています。この便利なエレベーターは安全に使用する必要性が高く、法令では年に1回以上の定期点検が義務付けられています。これは、メンテナンス不足によって起こる停止や落下のリスクが甚大だからであり、安全な建物利用には欠かすことのできない要素だから。任意の保守点検も含め、エレベーターのメンテナンスはこまめに意識しておきましょう。

エレベーターの劣化が如実に出てくるのは、昇降機に使われている部品類。時間の経過と稼働による摩擦でどんどん性能が落ちていきます。これをそのまま使用していると、劣化の影響がそのまま出てしまい大事故に繋がる恐れがあるでしょう。このようなリスクを抱えこまない為に、各部品の点検は必須事項になります。

エレベーターを安全に使用するために行なうメンテナンスは、管理会社独自で行なうより専門業者への依頼がいいでしょう。各部品の損傷や稼働時の不具合など、素人目では分からない項目がたくさんあります。しかし、専門業者なら小さな変化や異変を察知し、それを解消する為の改修工事も行なってくれます。もちろん、専門業者に依頼をすればその分だけ費用がかかります。ただ、安全な利用には変えられないところなので、適正料金で対応してくれる業者を探すのが一番です。