男の人

安全性を高めるマンション大規模修繕とエレベーターメンテナンス

中間マージンを抑える

内観

借りる前の状態戻す現状回復の施工は、賃貸マンションオーナーだけではなくオフィスビルを利用する各テナントにも発生します。稀に現状有姿のままで退去することができるケースもありますが、だいたいはスケルトン状態にある現状回復施工の必要性が高いです。このあたりは、テナント利用のランニングコストと合わせて費用がかかることを念頭におくことが大切です。

現状回復工事をなるべくおさえて施工を進めたい場合、一番手っ取り早いのは借りる時点で現状を変えることなく使うことです。現状のまま使っておけば、退去する際に業者のハウスクリーニングを利用して不要なものを撤去すれば終わりです。しかし、オフィスや店舗として機能させる時に、スペースを有効活用することを一番に考えられます。ですから、少なからず手を加えて自社の使いやすい状態にレイアウト変更されることが多いでしょう。この変更度合いで現状回復にかかる費用が変わってくるので注意が必要です。

施工内容以外で関わってくる現状回復工事の費用内訳に中間マージンの発生があります。これは施工を直接請け負う業者と管理会社の間にある指定業者や下請けなどであり、この中間マージンの数が多ければ多いほど費用が割増になります。少しでも経費をおさえて対応したいなら、中間マージンがほとんどかからず直接的に依頼できるところが一番です。施工計画から実施、点検まで一貫して行なってくれるところもあるので、業者選定をしっかり行ないましょう。